ハッピーガーデンの秘密 ハスの庭で泥んこ遊び

ハスの庭で泥んこ遊び

砂場があるとか、ブランコがあるとか一般的な子供の遊べる庭ではないのですが、実家の庭はゴールデンウィーク期間中は子供の絶好の遊び場になります。子供と遊ぶ庭を意識的に作らなくても、子供はこんなに楽しく遊んでいるから面白いなと思って、投稿いたします。
比較的田舎にある典型的な日本の一軒家で、私の祖父が行きていた頃には、素敵な日本庭園でした。その名残で庭にはいくつかハスのカメがあります。本当はもう少し早い時期にやるのですが、実家ではゴールデンウィーク期間中に子供たちと一緒にハスの植え替えをしています。
ハスの植え替えは前に使っていた泥を掻き出し、カメの掃除、その中から古い苗と新しい苗を見つけ、新しい泥(土)に入れ替え新しい苗を植えるという、なかなかの重労働ですが、土と水と泥という、子供たちの大好きなものだけの作業です。
100均の子供用の小さい軍手と自分のスコップとバケツを持ってお手伝いしてくれます。もう少し大きくなると期待の即戦力です。
気をつける事は、新しい苗を傷つけないようにする事。子供の成長にしたがって、やれる作業をお願いする事。
最初は「泥だらけになったらどうしよう」「子供が庭の芝を泥で汚したらどうしよう」「泥を食べちゃったらどうしよう」とか心配していたのですが、お風呂に入れば済むし、雨が降れば、庭の泥は落ちてくれるのであまり気にならなくなりました。泥や砂をよく食べていたのは1才半くらいまでで、大きくなったらもう食べなくなりました。
もう、気持ちいいくらい爽快に泥だらけになります。幼稚園の泥んこ遊びでもこんなにしないだろうなって思うくらいです。
泥は洗濯では落ちにくいので、今では、サイズアウト気味で、食べこぼしのシミなどが着いてしまってお下がりもできない服を着せて遊ばせています。もとい、お手伝いしていただいています。
去年は砂を運ぶだけだったのに、今年はどんな事ができるんだろうと思うと楽しみです。